MENU

お金がなくてもおしゃれはできる!と心から叫びたい

2020 1/11

みなさんこんにちは。財布の中に1000円しかなくて超絶金欠なフリーライターのつじです。

少し前に「可愛くなりたいしメイクも上手くなりたいけどお金がないからおしゃれができないんですー」と言っている女の子を見かけました。

しかし、持っている化粧品の8割はデパコス。服もブランド物がほとんど。なのにブス。

お前はなぜ可愛くないんだ!!!!

と思っていたのですが、彼女は商品持ち味を活かした化粧ができていないし、服も似合う服を分かっていないし勿体ない。

もちろん、好きな服を着れば良いかも知れないけども、本当に似合う服は本当に好きな服だし、人は服装やメイクの好みに顔つきや雰囲気が寄せられていくもの。

でも、おしゃれはお金がかかる…と思っている人は私は馬鹿野郎だと思います。

と、言うわけで今回は金欠の私が覚えたお金をかけずにがめつくおしゃれをする方法を紹介します!

服を買うお金がない=通販とサブスクでよくね?

まず、おしゃれな服を買うお金がないという方について。

確かに雑誌に出ている服は1万円前後でも安い方。でもユニクロやGUはありきたり。

じゃあ、通販で買えば良いんじゃね?

今トレンドの変わり種スカートやコート、インナーやレースのカットソーだってAmazonで買えます。

同じようなデザインのものが5,000円前後するのに、Amazonなら3,000円前後よ!?

フロントボタン タイトスカート・Innifer プリーツワンピース

(イン二ファー) Innifer 秋服 長袖 プリーツワンピース

しかも届くのは次の日だし、合わなかったら返品もできる。なんなら私なんてAmazonとファッションレンタルで服は賄っていますけど!!!

どこのブランドの服を買うかよりもあなたに似合うかのほうが大事。

どうせ流行り廃りもあるんだから、トレンドの服はプチプラでOKです。

新しいテイストにチャレンジをしたい人や、飲み会やデート用の服はファッションレンタルを活用すればOK。

シンプルなOL系の服はエアークローゼットが多めで、コンサバ系やMOREのようなかわいい服はRcawaiiが多いと思います。

どちらもスタイリストさんがセレクトした服をレンタルできますが、アクセサリーのレンタル大きめサイズの対応を希望する方はairClosetがおすすめです。

通常のサイズでかわいめのものを希望する方にはRcawaiiがおすすめだと思います。

いずれにしても月9,800円で2〜3万円相当の服をレンタルできるのでコスパは良き。

ちなみにairClosetはこんな感じです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomomi Tsuji | Writer(@iam_tomomitsuji)がシェアした投稿

質も良いし普通にかわいい。エアクロ服を着ていったときは「なんか今日はおしゃれだね」と言われます。

客観的におしゃれなものをセレクトしてくれるのは、コーデの幅も広がるので嬉しいかぎりです。

コスメは高いよね=ただしデパコスに限る

昔は私もシャネルが良い!ジルも可愛い!となっていましたが、今はもうアイラブCANMAKE、ドラッグストアありがとぅーー!という感じです。

それでもデパコスが欲しいならMy Little Boxなどを使って「月々3500円ちょっと払って5,000~6,000円相当のものをゲットする」ということをすれば良い。

マイリトルは自分では買わない新しいものにも気軽に挑戦できるのでおしゃれの幅が広がります。

ちなみにこれらのサブスクのおかげで私はコスメを半年以上買っていません笑

アイシャドウなども、パレットを買えば2,000円以下でさまざまな色を使うことができます。

アイシャドウパレット(20カラー+チーク 2カラー)

こういったパレットを使えば、試したみたいけれども勇気が出ない色も試せるし、メイク道具もかさばりません。

ネイルはジェルネイルはお金がかかるしマニキュアははすぐに剥がれてクオリティが微妙…と思う方はジェルネイルキットを買えば良いじゃん!と思います。

Nail Recipe(ネイルレシピ) ジェルネイルキット ネイル カラー10色 292点セット

ジェルキットなら色を混ぜて使えるし、フレンチやグラデーションネイルもマニキュアより簡単にできます♪

ちなみにつじは数年間ネイルサロン派でしたが、塗る楽しさやデザインを決める楽しさを覚えてから、セルフネイル派になりました。

爪先は意外と見られているのと、手先がきれいな方が気分も上がるのでおすすめ。誕生日やブライダルのときはプロの手にお願いして、日常のネイルや自分でできそうなものはセルフネイルで行うのがおすすめです。

ちなみにベースをクリアジェルに、その上にマニキュアを塗るのも乾きが早くて塗りやすいのでおすすめです。

かわいくなる努力にかしこさは必須

お金がないからおしゃれができない。服が買えない、コスメが買えない、ネイルができない…という方のために、つじとありとあらゆるプチプラ知識をお届けしました。
(正直人に教えたくなかった…)

おしゃれになるには高いお金はいらない時代ですし、何かを言い訳にして努力をすることをやめないでほしいと思っています。

このブログで紹介したものからちょっとでもかしこくおしゃれをする人が増えることを切に願います…!!

この記事を書いた人

つじ ともみ。のアバター つじ ともみ。 フリーランスライター

1990年生まれ。「生涯ネタまみれ」を目標に生きるパリピライター。SEO記事書きのお仕事をメインにいただいています。これまでは音大→Web制作の会社(SES営業)→Web広告代理店の営業→フリーライター(現在)。留年の数、睡眠時間と肌の強さは負けない自信あり。