婚活 恋愛

【実例あり】マッチングアプリ内で相手の仕事スキルを見分ける方法とは?

みなさんこんにちは。つじです。

月初の体調不良を乗り越えてなんとか復活。しかし、生理で栄養を持っていかれたかならなのか、唇の荒れが気になったので、@cosmeなどでも人気のモアリップを買ってケアすることにしました。

ご飯を食べるのが苦痛になるので、早く治ってほしいです。

最近、友人が私の大嫌いな「仕事がデキると思い込んでる系男子」と出会い、あまりに残念すぎて呆れた経験をしたそうです。

マッチングアプリではその人が頭が良いかどうか、仕事がデキるかどうかを見分けるのは難しいかもしれませんが実はとても簡単♪

今回はプロフィールの文章やメッセージの文面からお相手の仕事のスキルや頭の良さを見分ける方法について、紹介していこうと思います。

プロフィールでヤバそうなやつは7割スルーできる

今、私は結婚をしていて楽しい日々を過ごせていますが、独身時代はありとあらゆるマッチングアプリを使用してはさまざまな人と出会っていました。

使用してきたアプリは約10個。電車で横目に見えるメッセージのやりとりの吹き出しの色を見ただけでどのアプリか分かるくらいは詳しいですw

そんな私もヤバそうな奴ともマッチングをしてしまいとんでもないタイムロスをした経験をしたことも。

嫌な経験をしないことに越したことはありませんが、この経験は恋活や婚活以外でも役に立っています。

つい最近、ZOZOの前澤さんがInstagramのDMできた内容をTwitterにアップして話題を呼びました。

前澤社長 DM

文章から相手のおつむを見抜くスキルを持っていると、こういった方に近寄らないほうがいい、と察することもできるので時間を無駄にせずに恋活や婚活ができるはず。

と、いうわけでまずはプロフィールの書き方から分かる相手のおつむの例を紹介します。

プロフィールの書き方 良い例

実際にプロフィールの文を見てその人の良し悪しを判断するのは難しいと思いますが、判断基準は至って簡単。

相手に伝わる文章で書いているか。正しい日本語を使っているか。これだけで労力を使いたくないおバカちゃんを排除することはできます。

マッチングアプリは自分がどんな人かを伝えていくかがとても大切なので、仕事や趣味のことを相手に分かる言葉でしっかり伝えている方は真面目な方が多いです。

 

pairs 良いプロフ pairs 良いプロフ-2

上記の方は、仕事の内容や趣味、また恋愛に考え方などをしっかり記載しており、やりとりも真摯的でした。(Mちゃん情報提供ありがとう!)

文章を書いている人とメッセージを書いている人は原則的に同一人物です。またプロフィール>メッセージの内容というボリューム感であることが多いので、ここまでしっかり書いている方であれば問題がないことが比較的多いです。

一般論として文章が書ける方は仕事がデキる方が多いので、プロフィールの書き方はキチンと見ておきましょう。

プロフィールの書き方 悪い例

先程、実際に例を上げて紹介をしましたが今度はこういう人はダメ!というプロフィールの書き方を紹介します。

Pairs ダメなプロフ

上記のような箇条書きのような内容の文章は一見要点をしっかりまとめているように見えますが、何を伝えたいか、またどんな考えの方かが伝わりづらくあります。また、助詞が抜けているためお世辞でも頭の良い人が書いた文章とは言えません。

例:ジャンル年代を問わず色んな音楽を聴きます

上記を正しい日本語を用いて書くとしたら「音楽はジャンルや年代を問わず、色々なものを聴いています」です。

因みにこの方、友人がお会いしたそうですが会って1度目でキスをしてくるわ2回目には自宅に連れ込もうとする&振り払って帰ろうとしたら家までついていこうとするという方だったそうです。

ビジネル文書を書いている方を見つける必要はありませんが、一文がある程度のボリューム感で伝えようとする力のある文章を書いている方とマッチングするようにしましょう。

補足をすると、ビジネスに関する知識を身につけるのも非常に大切です。そもそも「ブラインドタッチができない」ことを堂々と書いている方が仕事がデキるとは思えません…。ドンマイ。

テンプレ文はOK?

マッチングアプリにはプロフィール文を簡単に作れるテンプレも存在します。最低限の体裁を整えた文章を簡単に作ることができますが、テンプレートはすぐにバレます

テンプレ文を使っている人とのマッチングを避けて、自分のプロフィール文を自分の言葉で書くようにしましょう。

【要注意】女にこういうメッセージは送っちゃだめよ!

先日、友人から「男性からこんな内容がきた」と相談をしてくれたのですが、猛烈なアピールで友人は若干引いており「この人はなんでこんな自慢をしたのだろうか」と私に質問をしてきました。

友人がドン引きしたことは以下の内容になります。

・男性の「自分は仕事ができる」という役職や肩書きの自慢
・連絡がないと「通話がしたい」「自分はあなたを楽しませられる」などのアピール
・仕事で寝てない発言

因みにこの方の年齡は36歳でした。いい年してこんなアプローチは…。

恋は盲目とは正にこのこと。好きになった女性にこんなことを言わないように気をつけましょう。

まず、ドン引きメッセージひとつめはこちらです。

 

控えめに言うと、仕事がデキる方や頭がいい人は人を役職や肩書きなどで判断しません。社長だろうが部長だろうが「本人がどんな人なのか」を重視します。

友人も役職や肩書で人を判断することが少ないため、ドン引きだったようでした。

しかし「それで?」と返信するのも…と考えたため「私は肩書や役職よりもその人自身がなにができるかが大事だと思っていますよ」と返信をしました。

そして数日後…。

本性を出した36歳。スマートな男性を演じていたのですが、人は余裕がなくなると必死になるんですね…。

自分の評価を決めるのは他人ですし、女性は余裕のある男性を望みます。友人もお相手に呆れて以下のような返信を送りました。どうやらお相手は72時間寝ずに仕事をしていたようです。

一昔前までは寝る間も惜しんで働くことが偉いと言われていましたが、近年では効率良く働くことが求められています。

働くことの考えがしっかりしている友人は36歳に火の玉ストレートを投げて終了。この男性が仕事がデキると友人に挽回できる日がくるのは後にも先にもないでしょう…。

このように、役職や肩書をひけらかして仕事がデキるアピールをするのは非常に勿体無い話です。肩書自慢は程々に。

本質を捉えられる人が婚活市場で勝つ

良いプロフィールや悪いプロフィール、送ってはいけないメッセージの内容…。

これらを紹介しましたが、結論は「本質を捉えられる人が婚活市場で勝つ」ということです。

いい大学を出ていても、勤め先である程度のポジションに居ても結局はこの力がないと良い人とは巡り会えないし、相手のことを見極めることは難しくなります。

私も実際に年収1000万円以上の人とマッチしてはガッツポーズを浮かべることはありましたが、本番はマッチング後

キチンと会話できる人とマッチングして、建設的な出会いを見つけてください。

 

-婚活, 恋愛
-, ,

Copyright© 生涯ネタまみれライターの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.