婚活

マッチングアプリで使っちゃダメ!良縁を遠ざけるNG写真って?

こんにちは、つじです。

ここ最近昼型の生活になってきたのですが、執筆疲れか朝はサリーちゃんを眠気まなこで送ってそのままもう一眠り…ということが増えつつあります。

元々睡眠の質があまり高くない私はiHarbでメラトニンやトリプトファンを買って飲むようにしています。

メラトニンやトリプトファンは睡眠に役立つ必須アミノ酸で、海外のドラッグストアでは買えるサプリメントなんです。

日本ではロゼレムという名前で同等の成分が含まれたものを処方箋として取り扱っていますが、ロゼレムを受け取るためだけに病院に行くのも高いし時間がかかるので、私はiHarbで買うようにしています。

先日Twitterマッチングアプリの写真はどんなものにすればいいの?とツイートをしている男性を見かけました。

私なりに真面目にアドバイスをしたのですが、マッチングアプリは外見と内面のスペック+セルフブランディングが重要視される世界なんですよね…。

ふと思い立って、この写真はナシだろ!と感じた写真をあげている方を見つけてげんなりした経験し前のブログを書きながら思い出したこともあったので、今回はマッチングアプリでゲンナリした写真の事例について話していこうと思います。

女性の方も役立つ情報は載せていると思うのでぜひチェックしてみてください。

【男女共通】これはダメ!マッチングアプリで見つけたNG写真

さて、本題です。マッチングアプリは「自分の売り込み方で明暗が分かれる戦場」です。それにも関わらず、異性にウケない写真(以下、NG写真)を使っている方はどこのアプリにもいます。Pairsにもいればゼクシィ恋結びにもいますし、写真での明暗が分かれやすいTinderCROSS MEにもいます。

それでは実際に見つけたNG写真について解説していきます。

マッチングアプリで使ってはいけないNG写真その1.数年前の写真

数年前の写真を載せてもバレないと思っている人は甘いです。以下の写真は数年前だろと判定されます。

・髪型が一昔前の流行の写真
・写真の解像度が低いもの
・鏡越しに撮った自撮りのスマホの機種が古い
・学生の頃の卒業式(論外)

昔の写真を載せていると「今の自分に自信がないのかな?」とか「今の見た目は見せられないレベルなのか」という疑いの眼がかかります。

人は髪型が違うだけでも印象は大幅に変わるもの。また、マッチングアプリはプロフィール写真と実物の乖離が少ないほど良いとされているため、髪型が変わったら写真を新しいのに変更するのが理想です。

もちろん、新しい写真だったら何でも良いわけではありません。他の注意事項もチェックしておきましょう。

マッチングアプリで使ってはいけないNG写真その2.加工しまくりの詐欺写真

自分をよく見せたい、という気持ち…よく分かります。しかし目鼻立ちをハッキリさせすぎたり、某加工アプリで肌の色を飛ばしすぎたり、顔を小さくしすぎるのはいけません。

まず、実物と写真が違いすぎると会おうとしても「嫌われるかもしれない」と懸念してしまうためです。また、マッチングアプリは会うのがゴールではなく良縁に繋げていくのがゴールです。

許容範囲はちょっときれいに肌を整えている程度。肌などをきれいに撮れるアプリで写真を撮るのは悪いことではありませんが、明らかに別人!というレベルまで加工をするのは辞めましょう。

それでも肌荒れを隠したい、小顔に見せたい方は肌荒れを治してダイエットやリンパマッサージで素材を磨いてください。

マッチングアプリで使ってはいけないNG写真その3.左右が反転している写真

実はこのNGは非常に多く見られる残念なパターンです。カメラアプリで撮影した自撮りの写真。アプリで撮ると盛れるのは「左右反転している」という理由もあります。

ですがこの左右反転注意したいのは「背景」と「腕時計」です。
背景のお店のメニューの文字や時計の文字盤が見えている場合もあります。

写真の反転を直さない=ツメが甘いor直し方が分からない
直し方が分からない=機械に弱いの?頭悪いの?

というところまで読めてしまいます。以前、タレントの紗栄子さんが着物の自撮りが左右反転していて炎上したこともあるので、気をつけるようにしましょう。

炎上した紗栄子の着物姿から学ぶ左前“死に装束”がいけない理由

正直「そこまで見ないよ」や「関係ないじゃん」と思う方もいると思いますが大切なのは「ツメの甘さを見せない」ということです。

左右反転している写真をあげている方は非常に多いので気をつけましょう。

マッチングアプリで使ってはいけないNG写真その4.体型が分からない

女性にありがちなのですが、顔を半分だけアップであげている方や、ドアップの写真っをあげている方がいます。こういう方は「見た目で詐欺っている」ことが多いです。(メンヘラ率も高し)

体型に自信がないのなら痩せてください。見た目に自信がなくても、写真と実物が全く違うと会うのも億劫になると思いますし、お相手の方ともいいやりとりはできません。詐欺写真、ダメ、ゼッタイ。

マッチングアプリで使ってはいけないNG写真その5.証明写真をそのままスマホで撮ってアップ

男性に多いですがもはや論外です。やる気あるの?自分をもっと知ってもらいたいと思ってますか?
もっと服装やライフスタイルが分かる写真をアップしましょう。

マッチングアプリで使ってはいけないNG写真その6.別人の写真をアップする

実は別人を写真をあげる人は意外といます。中にはモデルや女優の写真を使うというクズどもも。これは規約違反ですし、絶対にやってはいけません。

もし、不安な場合はあまりおすすめではできませんがGoogleで画像検索をすることをおすすめします。

やり方は簡単です。アプリのプロフィール写真をキャプチャで撮ってトリミングを。そして、Google画像検索でトリミングした画像を検索するだけです。ちょっとあくどい方法かもしれませんが、会った時のトラブルを防ぎたい方にはおすすめです。

ちなみに過去に、素材サイトの写真をプロフィール写真として使っていた方も居ます。そういうのも秒でバレる時代です。良い子は真似しないようにね!

顔写真なしで出会いを求めるのは?

実は顔写真を出さない方というのもゼロではありません。マッチングアプリで顔写真をあげていない方は、以下の理由でアップをしない方が多いです。

理由その1.職業柄NG(医者・経営者など)
理由その2.身バレを防ぎたい(あまりに知り合いが多すぎる人)
理由その3.自分に自信がないor内面で勝負をしたい

男性でも多く見られますが、お医者さんや経営者、国家公務員などお硬い職業で大っぴらに出会いにくい方や、写真から身バレすることを恐れる方は写真をアップしないことが多いです。

私も男性で見かけたことはありますが、中にはイケメンとは程遠い外見の方も居るのでスペックや内面重視で選ぶ人をターゲットにするのであれば問題ないと思います。然しながら、これでいいねをかっさらうには、外見以外の魅力。つまり年収や職業などのスペック(それも異常に高いもの)を証明することが大切です。

ちなみに、自分に自信がなくて写真をアップしないのは本当におすすめできません。そんなのブサイクとマッチングしに行くようなものです。

人は見た目が全て。内から出る性格や人柄が外見に表れます。内面で勝負をするなら「もっとこの人を知りたい」と思われる外見になることから始めましょう。

マッチングアプリはセルフブランディングが大事

これまで私とお会いした方も私を見て「写真加工しているな」と思われたと思います。
肌をキレイにしてちょこっと引き締めるくらいなら許容範囲です。別人すぎなければ良いんです。

しかし、写真一つでユーザーの素性が見えてしまうのもマッチングアプリの特徴です。どんな自分に見せたいか、どういう人にモテたいかも考えてしっかりとセルフブランディングをしながらアプリを使いましょう。

-婚活
-

Copyright© 生涯ネタまみれライターの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.