イチナナライバーを始めた私が買って良かったと感じるおすすめ配信機材など

みなさんこんにちは。フリーライターのつじです。

数ヶ月ブログの執筆が滞っており、書いていない間は編集ディレクションと執筆の仕事と追加してライブ配信を行っていました。(恋愛は完全放置状態です)

2020年9月半ばにライバー事務所からスカウトがきて始めた配信業はファンマーケティングと横の繋がりでできていると感じています。在宅ワークや場所を選ばすに働くことに着目されている昨今、ライバーがどんどん増えていますが、配信を始めるにあたりどんな機材や道具などを買えば良いか分からない方も多いでしょう。

今回は、ライバーになった私が買って良かった機材や小道具、引きこもり配信者に必須のコスメを紹介します。

ライブ配信を始めるときに最低限揃えるべきもの

ライブ配信は時間や場所を選ばずに行える仕事ですが、リスナーを増やすためにはフォロワーを増やすためのリス活やSNS、アプリ内のタイムラインの更新以外に最低限の通信&機材環境を整える必要があります。

通信環境が悪いと画質が悪くなって動作がかくついて快適に見えなくなることにくわえ、リスナーがわが音声を快適に聞き取れません。

リスナーと快適にコミュニケーションがとれなくなる環境で配信をしていると「この人の配信は楽しいかどうか以前に聞きにくい」と言ってリスナーが離れてしまうため、通信や機材環境は揃えてくことが大切です。

快適に配信をするためには以下の商品を揃えておくと良いでしょう。

・スマホorタブレット端末(個人的にはタブレット端末の方がバッテーリー持ちが良い&コメントが見やすい)
・リングライト
・スマホ用三脚(タブレット端末の場合はリングライトと三脚は別の方が良いです)
・ミキサーやマイク(あるとより良い)

これにくわえて、外配信を行う場合はジンバルを用意しておくと良いでしょう。配信で使用する機材は確定申告時に経費として精算できますが、会計ソフトなどを使用しておくとクレカ決済の履歴から経費にするものだけを追加できます。

それでは、私が実際に買って良かった機材を紹介します。

ライブ配信で使って良かったおすすめ機材

配信初日にリングライトが壊れるというトラブルを経験した私は、以下のライトや三脚などを購入して配信環境を整えて配信環境を落ち着かせました。

元々スマホで配信していた機材環境はiPadで落ち着かせ、歌配信を時々行っていたときに(ほぼやっていませんが)機材も購入しています。

三脚 PEYOU 3WAY50インチ三脚

スマホを手で持ったりスタンドを使用したりすると手振れが発生するorどこかに置いて充電をしながら配信をするのが難しくなることが多いため、三脚を購入するのがベストと感じます。

私はタブレットとスマホどちらも使用する機会があることと、一眼レフの三脚にもなるものが欲しかったためこちらを購入しました。タブレットの縦配置がコツを掴むまで不安定になりますが、問題無く使えます。

高さも出せるため、画角の自由が利くのもメリットです。

リングライト ELEGIANT 10インチリングライト

配信アプリ内には美肌エフェクトなども存在増しますが、リングライトがあると最小限の美肌エフェクトを使用して綺麗に映すことができるため、男女問わず買っておくと良いでしょう。

白色とオレンジの光、薄オレンジ色の光などど光の色が調節できるものだと安心です。また、リングライトを使用するときは部屋をやや暗めにして当てると綺麗に映ります。ご参考までに。

ミキサー(TASCAM US-42W)・マイク(CUSTOMTRY USBコンデンサーマイク)

歌配信をする方には必須のミキサーやマイクですが、歌配信をしなくてもこれらの機材を揃えておくとより綺麗な音で配信をすることができます。

TASCAMのミキサーはエコー以外にもボイスチェンシャーつきでお遊び要素をくわえることが可能なため、多くのライバーさんが愛用しています。(私も他のライバーさんから聞いてTASCAMにしました)

マイクはスタンドやポップガード(息の音などを削減するもの)がついたセットのものを購入しました。マイクケーブルは別で買う方が失敗がないため、別で買っておいたものを使用しています。値段の割に音に問題はないのでご安心を♪

ちなみにこのマイクはUSBケーブルがついているため、持っておくと高音質オンライン飲み会もできるようです(笑)

ケーブル関係(AUXケーブル・マイクケーブル)

AUXケーブルはTASCAMの機材とスマホorパソコンを接続してBGMを出力するために使用しています。機材とPCなどの距離が近いと画角がかぎられてしまうので、ケーブルは長さに余裕を持って買うのがおすすめ。

マイクケーブルはXLRのオスーメスの規格のものを買えば問題ありません。こちらも3mまでの高さは必要ありませんが、1m以上のものを買っておくと安心です。

うたはいしんやBGMなどの切り替えでなるべく画面から目を離す時間を少なくすることを視野に入れて機材をセッティングしましょう。

ライブ配信中にあると便利なおすすめ小道具など

会話や間合いにメリハリをつけたり、企画配信を行うときにさまざまな小道具を使用するライバーも多くいます。以下2点の小道具は多くの方が使用しています。ぜひ活用してみてください!

卓上ベル(お笑い枠に限る)

created by Rinker
オープン
¥973 (2021/02/28 19:49:23時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイトボード

卓上ベルはコメントで滑った時や自分が噛んだ時、またリアクションに困ったときなどにとりあえず鳴らしておくとクスッとした笑いが出るためおすすめです。

多くの男性ライバーが使っていますが、お笑い枠なテイストを目指す女性ライバーの方も使って良いかもしれません。

ホワイトボードはギフトなどの個数を正の字で描いたりお絵描き配信などを行いたいときにおすすめです。リスナーさんの名前を書いてスクショタイムを用意するのもおすすめ。

ストローと中身が見えないコップ

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,591 (2021/02/28 19:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

配信中は必然的に喋りっぱなしになるため飲み物を飲みたくなるもの。しかし、直接コップを口につけると顔のエフェクトがビクついたり、リップが落ちたりすることがあるため、ストローを用意するのがおすすめです。

私は、広げて洗って使えるシリコンのストローを愛用しています。また、当方朝配信で眠くてホットコーヒーをストローで飲んだら火傷をしてリスナーさんから総ツッコミを食らいました。冬場に温かい飲み物を飲むときは、画面から顔を外すと良いでしょう。

ガラスのグラスなどを口につけると一瞬だけ輪郭まわりが太く見えるため、飲み物は中身が見えないものに入れるのがおすすめです。サーモスなどのタンブラーに入れておくと保温保冷もしっかりしていることにくわえ、水滴も出ないため、長時間の配信でもノンストレスで飲み物を飲むことができますよ!

時短メイクが成り立つ!ライバー向きおすすめコスメ

女性ライバーはなるべく化粧をして配信をした方が良いですが、夜配信で長時間メイクをするのが負担に感じる方や、配信のためにメイクをするのが億劫に感じる方も居るでしょう。以下のメイク道具を揃えておくと肌負担と手間をかけずにメイクができます。

ぜひチェックしてみてください。

チャコット プランツパウダーファンデーション

チャコットの隠れた名品で、100%植物由来成分でできているうえにSPF50+ PA++++のUVカット機能がついているという万能パウダー。

乾燥がしにくい上に石鹸で落ちる、且つ肌負担が少ないためテレワークから外へのお出かけまでこれひとつでOK。買わない人に「なぜ買わないのだ」と理由を問いたくなるくらいおすすめしたい商品です。

ムーンショット リップ&チーク

韓国コスメの商品でパッケージが可愛くて発色もバッチリ。リップとチーク、後は指にとってアイシャドウにしても良しな万能商品です。 配信をしたいけれどもメイクが面倒なときや、時短メイクで済ませたいときに一本あると便利です。

ちなみにこれらの商品を経費として経費精算&確定申告したい方は会計ソフトを用意しておくと楽に処理ができます。

開業届を一緒に出したい方や、UIが使いやすいものを探している方にはFreeeがおすすめです。安さ重視で会計ソフトを使用したい方にはやよいがおすすめ。私は1年目にFreeeを使用した後にやよいに乗り換えましたが、どちらも不便はありません。

配信機材を揃えて万全なライブ配信を

今回は仕事ネタがメインになってしまいましたが、私が日頃からライブ配信で使用している機材や道具を紹介しました。

実際に事務所に所属していても使用している機材などを知っている人が居なくて困っている方や、現在配信を行っていて今後より配信環境を良くしたい方も参考にしていただけたら幸いです。

私自身もイチナナライブで配信を行っています。機材のことでより聞きたいことがある方や、ブログを書いている中の人が気になる…という方はぜひ遊びにいらしてください。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

つじ ともみ。のアバター つじ ともみ。 ライター・編集者

1990年生まれ|生涯ネタまみれを目標に生きるライター&編集者|SEO記事の執筆や企業様のブログの寄稿・編集ディレクションを行っています|音大→Web制作の会社(SES営業)→Web広告代理店の営業→フリーライター・編集者(現在)|留年の数、睡眠時間の長さと肌の強さには自信があります
お仕事の依頼はTwitterまたは下記メールアドレスにお願いいたします。
hello.tomomi.tsuji@gmail.com