飲まない人にも知ってほしい 低容量ピルのこと

  • URLをコピーしました!

みなさんこんにちは。フリーライターのつじです。

このブログでは恋愛や仕事のこと以外に生理のことも発信していますが、今回は低容量ピルの話です。

私はこのブログを投稿する約2ヶ月ほど前から低容量ピルを飲み始めました。ピルを飲んでいること自体をSNSなどで発信している人はまだまだ少ない中ですが、発信したり周りに話したりすることで考えさせられることや、ピルを飲まない人にも知ってほしい本音も生まれ、ブログにすることにしました。

低容量ピルの服用を検討している方や、パートナーが飲んでいると言う方の参考になれば幸いです。

低用量ピルを飲むきっかけ

私が低容量ピルを飲み始めたのは、生理周期の乱れと生理痛が気になり始めたのがきっかけです。

元々生理痛や貧血、PMS酷くて会社員時代は生理休暇をいただくことも。生理休暇は労働基準法で決められているれっきとした権利で、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」という決まりになっています。

フリーランスになっても生理で仕事を休むことはできるし、会社員の時よりストレスが減ったからか生理のトラブルは軽くなったものの、やはり生理痛は辛い。しかも、生理周期が25日でくることもあれば30日にくることもある。

生理が来なくなるよりはマシといえども、周期を安定させたいと思い、低用量ピルを飲むに至りました。

低用量ピルの服用率は30%以下

株式会社エムティーアイとメディパルが行っているShift Pというプロジェクトの調査結果によるとピルを服用している人の割合は30%以下という結果に。

引用:Shift P

生理で悩んでいる人が世の中に多いにも関わらず、低用量ピルを飲んでいる人が少ないのが現状。生理痛が酷い時は鎮痛剤を飲んだり安静にしたりする方が殆ど。薬をなるべく飲まずに過ごしたい方が多いのかもしれません。

病院を受診する方に限ってはわずが5.7%という結果に私も驚きでした。ちなみに海外と比較するとこのような結果に。

引用:なでしこ女性診療所

2017年度の結果のため、当時に比べてピルの使用率は増えていると思いますが、海外と比べてもピルの使用率が低いことが伺えます。

ピルの処方が国負担で無料で受けられる国と比べても、ピル使用しなさすぎ問題があると感じるこの頃です。

私が感じた低容量ピルのイメージ

私はピルの服用をSNSなどで発信することにしましたが、周囲に服用していることなどを話した時は以下のようなイメージを持たれました。

・ピル非服用者は避妊目的で飲んでいると思われている
・副作用が酷い
・飲んでも大きな変化はなさそう

上記のようにあまり良いイメージを持たれていない印象でした。実際に私が体験したことや副作用について、

ピル非服用者は避妊目的で飲んでいると思われている

生理期間を楽に過ごすためにピルを飲んでいるのに、避妊目的で飲んでいると誤解される。この誤解をによって傷ついた人や、生きづらさを感じた人は少なくないはず、私も、低用量ピルを避妊防止で服用していると勘違いされることがありました。

自身の生活や体のために低容量ピルを飲んでいるのに、快楽のために飲んでいると思われている。また、低容量ピルを飲んでいる相手との性行為は、避妊しなくて良いと勘違いしている認識が変わってほしいと感じています。

(低用量ピルの避妊率は100%ではないし、性感染症は防げないため避妊はしましょう!)

副作用が酷い

薬を服用せずに健康でいられれば良いですが、ホルモンバランスの変化やストレスなどで身体が健康体のままでいられないのが現実です。ピルは生理周期の乱れや月経痛を少しでも和らげるために飲みますが、耐えられないほどの酷い副作用が待ち構えているのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

実際、私も低容量ピルを服用し始めた一週間は吐き気に悩まされましたが、身体のホルモンバランスが変化したため、これは致し方ないこと。(吐き気の度合いで言うと乗り物酔いで気だるくなるようなレベル)

吐き気の副作用が心配な方は夕食後や就寝前に飲んでおくと、ピルが効いてすぐの時間に眠ることになるため、吐き気を感じにくいと思います。(私も実際に就寝前に飲むようにしたら幾分楽になりました。)

長期間ピルを服用しても吐き気や体調不良を起こす方は、医療機関に相談してくださいね。

飲んでも大きな変化はなさそう

実は私は過去に一度低用量ピルを飲んでいたことがあるのですが、自分が期待をする効果を感じず服用を辞めてしまった経験があります。私のように、ピルを服用していても期待以上の効果を得られなかった方も多いかと思いかと思います。

服用後の変化もピルに求める効果も十人十色ですが、生理痛の軽減や周期の改善を大きく期待する人も多いはず。

ピルの効果を得るためには正しい服用と、身体に合う種類のものを選ぶことが大切です。私は、オンライン診療のサービスを利用して、生理周期と月経痛の改善を目的に飲むことを相談してピルの種類を選定。生理開始日〜28日間をかけて1日1錠を飲み始め(21日〜28日は偽薬という日付のカウントのために飲むプラセボ薬or何も飲まない)、2シート目に移り変わる途中にきた生理で楽になり始めました。

2枚の写真を見ていただくと、実際のピルのシートがどのような感じが分かるかと思います。

個人差もありますが、低用量ピルの効果が発揮されるのは2〜3ヶ月目からが一般的と言われているため、コツコツ飲み続けることが大切。仕事が忙しくて婦人科に行くのが難しい方や、婦人科に足を運ぶのが億劫に感じる方は、オンライン診療から始めるのもおすすめです。

オンライン診療も音声電話形式のものもあるため、生理前の体調不良で急遽ピルが必要になった方にもおすすめです。配送もポストインで伝票にもピルだと分からないように発送してくれるのもポイント。

オンライン診療無料orお薬代20%オフが利用できる紹介コードもあります。自由にご活用ください。

割引コード:IELRIBCF

ピルを飲んだことがある人もそうでない人も、まずは健康のためにある薬であることを認識し、手軽に取り入れて欲しいと思っています。

また、生理用品のことで悩んでいる方向けに月経カップに関することもブログにしています。あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
私が月経カップを8年使い続けている理由 みなさんこんにちは。フリーライターのつじです。 月初は貧血と腹痛からくる不調…つまり生理でダウンをしていました。世間だと月末月初が最も忙しいと言われていますが...

それでは、また。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つじ ともみ。のアバター つじ ともみ。 ライター・編集者

1990年生まれ|生涯ネタまみれを目標に生きるライター&編集者|SEO記事の執筆や企業様のブログの寄稿・編集ディレクションを行っています|音大→Web制作の会社(SES営業)→Web広告代理店の営業→フリーライター・編集者(現在)|留年の数、睡眠時間の長さと肌の強さには自信があります
お仕事の依頼はTwitterまたは下記メールアドレスにお願いいたします。
hello.tomomi.tsuji@gmail.com