婚活 恋愛

【実話】依存心が高いor自立心ゼロの相手を持つ旦那の本音とは?

大雨警報が出て、関東の方は電車が止まったり伊豆の方では雨量が180mmまで達する見込みがあったようですね。

関東地方で大雨、昼にかけて交通の乱れ注意

フルリモートで働く私は、雨が降ろうが台風が来ようが気にせず仕事をすることができます。

今日も〆切に追われながら「久々に雨が降ったなあ」他人事のように天気の変化を感じながら仕事をしていました。

忙しい時の買い物はネットスーパー、どうしてもご飯を作る余裕がない時はUber Eatsも使いますが、最近はキチンとご飯を作ることもあります。偉いぞ私。

実際に「そんなんで人妻はやっていられるのか?」と言われますが、むしろ家庭的な妻でいるよりはこっちの方が男性には好評なんです。と、言うわけで本題です。

最近感じた「依存心の高い妻と彼女が嫌われる」という話を最近友人から聞いた体験談を交えながら紹介しようと思います。

※今回事例としてあげた友人は結婚経験アリです。

事例その1.飲み会中に奥さんから電話がくる旦那の本音

1人目は個人事業主で大手データ会社でコンサルを行っている友人(以下、T君/32歳)です。

T君は結婚前は海外で仕事をしていたこともあり、1人で要る時間を大事にしたいという考えを持っています。

近所のバーで飲んでいた時にT君のスマートウォッチがピカピカ光っていたので私は「連絡、折り返したら?」と聞きました。

スマートウォッチを見ては深刻そうな表情を浮かべながらT君が発した一言。

「嫁からしつこく電話がくる。束縛が激しく、会食の日も鬼電がきて辛い」

と教えてくれました。話を聞くと会食と話しても夜に何度も電話をしてくるレベルの束縛で飲みにも行けない、出張や仕事が忙しくて帰れないと話さないと飲みに行けないとのこと。自由奔放な我が家とは正反対。

開いた口が塞がらないとは正にこのことなのかもしれません。奥様には以下のような不満をいだいているご様子でした。

  • 一緒にいても楽しくない
  • 土日は家族サービス必須。一人の時間が持てない
  • 束縛が激しく、自由にさせてくれない

帰りたくない」と夜遊びをする高校生のように連呼するT君。

因みにT君はこの日、奥様からの電話が鳴り止み就寝したと見込まれる時間にタクシーに乗って帰路へ。「帰宅後は平和だったよ」と報告をしてくれました。

自由の時間をどれだけ欲しいかは人によりますし、お子さんがいる家庭だと家族にはなるべく早く帰ってきて欲しいと思うのは当然のことだと思います。

ですが、飲み会中に鬼のように電話がくるのも辛いものです。相手の気持ちを考えることは大切です。

事例その2.仕事に理解のない妻を持つ旦那の本音

2人目は広告代理店で勤務するHさん(43歳)です。小学生のお子さんがいる一児のパパですが奥様に対して以下の不満をあげていました。

  • 仕事への理解がなく会話すらしたくない
  • 奥様はパートをしているが人に依存し過ぎでお金ばかりをせびってくる
  • 財布の中の領収書のチェックもしてくる

Hさんは広告代理店勤務のため、仕事がいそがしく勤務時間や休暇も不定期。

華やかに見えて比較的泥臭いこともあり、クライアントからのオーダーの通りにイベントなどを企画するだけではなくマーケティング的な要素も求められます。

私も広告代理店に勤務していましたが、忙しい時期は22時に退勤して土日も持ち帰り作業をしていました。

大きい案件やイベント系の企画をする人は土日も仕事です。(イベント系は当日に現場に顔を出すこともあるため)

結婚したら働き方を変えなければいけないわけではありません。

多くの人は起きているうちの約半分仕事をしているため、一緒に働く人の仕事の理解をすることは大切なのではないでしょうか?

財布の中身は個人情報の塊なので見るのはやめましょうw

因みにHさんが密かに夢見ていることは「離婚→再婚」らしいです。

事例その3.メンヘラ嫁に捕まった旦那の本音

お次は離婚済の友人の事例です。メンヘラ彼女やメンヘラ嫁に捕まると大変なことになる。という話はよく聞くと思いますが、シングルファザーのY君(40歳)もその一人です。

買い物中に出会った女性と結婚してお子さんが保育園に通い始める年齢になる頃に離婚をしました。離婚理由は下記になります。

  • 奥さんの育児放棄(子供へのご飯、おむつ、ミルクやらない)
  • Y君の携帯を勝手に取り上げて女友達全員に連絡をする
    (目的:マウンティング)
  • 逆DV。Y君の髪の毛を掴んで引きずり回すなどの行為を行う

束縛が激しく、外に飲みや食事に行くのも許されない日々だったそうで、離婚した時は「心がスッキリした」と話しています。

ここまで酷い女性のメンヘラ化は非常に稀ですが、過度な束縛は男性の心を冷めさせる、というのはこのことかもしれません。

この3人にとっての理想の彼女・妻は?

この3人は仕事が忙しく(Y君は比較的ゆるりと仕事しているが)出張や会食などもゼロではないため仕事への理解はより強く求められます。忙しい男子ではありますが、比較的スペックは高めです(Y君を除く)。

彼らが言っていた理想の彼女・妻像を聞いたら以下のような回答をもらいました。

  • 仕事への理解がある
  • 束縛をせず、仕事付き合いの飲み会なども容認してくれる
  • お互いの一人の時間も大切だという気持ちがある
  • 情報のキャッチアップ力がある(世間から取り残されない)

総括すると「自由にさせてくれる人」ということになるかもしれません。

これを見て「じゃあ結婚するなよ」と思う人も居るかもしれませんが、悲しいことに結婚をしたら仕事と家庭に50%ずつコミットしなければいけないわけではありません。

極論、人に迷惑をかけず不貞行為をしなければいい話です。

私も既婚者ですが周囲を見ていても結婚は一人でも生きていける人同士ができるものなのかな、と感じます。自立心は超大切です。

それでも束縛をしたくなるorどこまでがダメなの?と知りたいなら

とは言え事例を知りたい方も居ると思います。恋愛アドバイスを知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

様々な事例を見たり詳しい人に質問をしたい方にはTwitterがおすすめです。

オタクの婚活を応援するとら婚さんや婚活コンサルタントのひかりんさんのアカウントは日頃から恋愛のアドバイスなどを記載しています。

とら婚さんは結婚相談所もあるので結婚相談所に行くのもありですが、軽い情報収集であればTwitterでも良いのかなと思います。

私もサリーちゃんが会食や会社の合宿が多く、一人の時間が非常に多いです。

そういう時は仕事をガリガリ行うか「家事サボれるじゃん!」とポジティブに捉えてのびのびと過ごしています。

恋愛すると男性に依存する人はマジでモテません。

一人の時間を楽しく過ごせない人が誰かと一緒に居て楽しい時間を過ごせないと思うので自立心のある彼女や妻を目指しましょう\(^o^)/

-婚活, 恋愛
-, , ,

Copyright© 生涯ネタまみれライターの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.