恋愛

本当の恋の始まりは、失恋を吹っ切ってからです

みなさんこんにちは。つじです。

夏の恋は儚い…なんて言葉を聞きますが、最近「少し前に振られたんです」という話をちらほら聞くようになりました。

この世の終わりがきたように落ち込みたくなる失恋。辛いですよね。

散々泣いて、散々荒れて自暴自棄になる人も少なくないはず。しかも、周りがいい恋愛をしていたり結婚をしていると余計に辛く感じますよね。

でも、恋愛で何日も引きずってる人に私は「甘い」と言いたいです。

むしろ、いい恋愛は失恋ありき。辛い気持ちを乗り越えて強くなってからがスタートなんだよ!

ということで、今回はなぜ失恋が大事なのかを書いていきたいと思います。

失恋するとなぜ辛いのか。冷静に解説します

失恋ってそもそも何でこんなに辛いの?ここが分かると実は意外と冷静になれる…はず。

実は失恋の辛さは以下のことからきていると言われています。

・脳内でイメージしていたことと違うことが起きたことによるパニック
・フラれた=人から拒絶された という悲しみ
・失恋してから急に思い出が美化されて悲しくなる
・過去の行動の「たられば」からくる後悔
・与えた分リターンが無かったことによる悔しさ

などなど。

要するに、失恋して自暴自棄になっているor落ち込んでいるときは思っていたことと違うことが起きて脳みそがキャパオーバーを起こしている状態です

失恋の辛さの正体はこの脳みそのキャパオーバーから起きています。

好きだったとかそういうのは関係ない。人は基本的に怒ったり悲しい思いをするときは「思っていたことと違うことが起きた」が大きな原因。あくまで、その相手が好意を寄せていた人だった、というだけです。

でも、自分から振ったときのほうがダメージって少ないですよね。それは自分が「この人と別れる」という心の準備をしていたからです。それだけ人は自分が想定外のことが起きると負担を感じます。

失恋のダメージが大きいのは、あなたにとって想定外の出来事だったから。ただそれだけです。

辛い失恋が本当の恋のスタートの理由

失恋後の辛さ正体=思っていたことと違う事が起きたことからくる脳みそのキャパオーバーだった

ということが分かったものの、なぜ失恋が恋の終わりではなくスタートなのかを伝えたいと思います。

失恋したら新しい恋ができるから

至ってシンプルに、そういうことです(笑)

戻ってこない過去に執着していても恋はできません。しかも失恋して大荒れの台風のごとく心が荒れた後は意外と冷静。(荒れてから正常心に戻るので)

失った恋と書いて失恋。じゃあ、失恋の後は失った恋をリニューアルして取り戻せば良い。それだけです。

辛い思いを乗り越えると、自分をアップデートできるから

それでも過去の恋にすがりたくなることって、あると思います。でも、その楽しい恋ができたのは今まで辛い経験を乗り越えて、ひとつステップアップした自分が居るからです。

失恋をしてボロボロになったら這い上がって新しい恋をゲットする自分になる。これこそが真の恋のスタートなんですよ。なのにずるずる落ち込んでる人、多すぎです。

自分をアップデートすればもっといい相手があなたを待っています。でもそれは、辛さを糧に今より素敵な自分になれた人限定ですからね!!!

全ての元恋人に「あのときはありがとう♡」と祀るべし

つじもありとあらゆる散々な恋愛経験をしてきました。

なんでこんなクズ男と付き合ったんだ?と思うような人に落ちた盲目な恋や、待つばかりだった恋愛。束縛ばかりで余裕がなかった恋愛や、相手のことが本当に好きだったかどうかも分からない恋…などなど。

でも、その恋愛経験があったからこそ今の自分が居る。今思うとその辛さや苦しさ、盲目だった恋心は無駄ではありませんでした。

だからこそ過去に私と付き合ってくれた元恋人たちに「みんな、あのときはありがとう♡おかげで普通の女になれたわ♡」と思い出を祀ることができます。

良くも悪くも、恋愛相手は自分の鏡みたいなものです。そして、自分を成長させてくれる壁でもあります。

失恋こそが真の恋のスタート。

もっと良い自分になるために、そしてもっと良いご縁に結ばれるために。今すぐではなくても、いつかは全力で別れた相手を祀って、もっと素敵なあなたになってください。

【追記】恋愛に自信が持てない女子はこちらも必見です。

恋愛している女子に一言。「てめぇら大安売りしてんじゃねぇよ!」

-恋愛

Copyright© 生涯ネタまみれライターの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.