MENU

恋愛している女子よ!自分を大安売りするな!

2020 2/09

みなさんこんにちは。フリーライターのつじです。

タイトルからいきなり暴言で始まってすみません。

今回は、最近私の周りの人が経験した失恋の話をしようと思い、煽り全開のタイトルでスタートさせていただきました。

彼女はお世辞にもいい恋愛をしておらず、失恋の連続。彼女のパーソナル情報やどんなことがあったなどを、時系列で追ってお話します。

彼女は恋愛経験が少ない20代前半の女性

その子は20代前半。大学生の子です。ここではYちゃんと描きます。

Yちゃんは今まで部活などに邁進してきたため、あまり恋愛経験はなく、ほんの少しの期間だけ、男の人とお付き合いをするような経験をした子です。

つい最近、1年間思いを抱いていた男の子に振られてしまいましたが、その後すぐに彼氏ができました。彼氏は年下で同じ大学の男の子です。

Yちゃんは「また遊ばれたらどうしよう」と不審になっていましたが、彼からの熱心なアプローチを受け入れて付き合うことに。

しかし、つい最近別れてしまいました。因みに付き合い始めたのは1ヶ月前のことです。この時は私も「ここまで一生懸命な子ならいいんじゃない?」と背中を押しました。

問題はその後です。

交際1ヶ月後:連絡が激減

連絡が激減することは恋愛であるあるですが、私も経験済みです。連絡が激減しても1ヶ月はどうにかやり過ごせる時もありますが、この時から既に別れへの道はスタートしています。

Yちゃんは数日前に彼氏と楽しくドライブデートをしたが、そこから連絡が激減。

LINEのやり取りを見せてもらいましたが

  • 明らかにそっけない
  • 彼女からの電話を折り返さない
  • 返事が遅いことに詫びる気持ちがない

明らかに大事にされていないな…と私は感じました。

彼とは喧嘩をしたわけでもないものの、体の関係を求められたそうですが、経験が少ないあまりに拒んでしまったそうです。

それが引き金かな?とYちゃんは思ったそう。詰まる所、遊びだったのかよ…と私は思ったのは言うまでもない。

私の見解:彼とは別れるべき

つい最近、想いを寄せていていい感じな男の子に「お前は遊びだよ」と言われた子だけに、次の恋愛は「傷つきたくない」「長続きしたい」と思ったんでしょうね。

どうみても関係は終わっているのに

「別れたくありません」

この一点張り。

1年前の自分を見ているみたいで、なんとも言えない気持ちになりまた。

私も、ちょうど1年前くらい、お付き合いしていた彼氏に突発的に「夜にご飯に行かない?」と誘われてOKしたものの、連絡なしドタキャンをくらい、その後彼から連絡がくることがなかった…という経験があります。

振られるだけならまだしも、その日の時間も何時間も取られるという悲惨な経験をしたからこそ、別れなさい。と言いました。因みにサリーも「振られるより振れ」と全力で別れをすすめていました。

Yちゃんが振られたのは別れをすすめてから約一週間後です。

今現在、同じような経験をしている子もいると思うので、フェードアウトや悲惨な振られ方を何度も経験した私から、私なりのアドバイスを書かせていただきます。

恋愛は一人ではできない

彼のことが大好き!その気持は素敵なこと。でも、恋愛って1人じゃ出来ないんです。あなたの好きという気持ちだけでは長続きはしません。むしろ、片方だけが好きなのは両思いではなく片思いです。ちょっとでも「大事にされていないかも」と思ったらこの選択肢をオススメします。

  • 寂しい気持ちを伝える
  • 伝えられない(連絡が取りづらい)場合は別れる

コミュニケーションに「察する」「言わなくても分かってもらう」はNOです。甘えです。思ったことは冷静に。きちんと言葉にして伝えましょう。でも、理詰めしすぎて怖がられると振られます。これ、私の経験談ね。

恋愛は自分を安売りor自己犠牲してまでしなくていい

よく「自分を大事にしてあげて」と失恋した人にアドバイスをする方がいます。大正解!!ほんと、その通り!と私は思います。

しかし、失恋したての脳みそでは「自分を大事にする」ってどういうこと?と思う方も多いでしょう。

説明すると、恋愛は自分が強く「寂しい」「辛い」という気持ちをしてまでするものではないということです。

もちろん、世の中色んな人がいるので、遠距離恋愛や多忙な人との恋愛…相手が100人いれば100通りの恋愛があります。でもどんなに距離が遠くても。相手が忙しくても。どこかで「私は愛されていて幸せだな」と感じるのが恋愛です。

「愛されていると感じない」それを言ったら受け入れてくれないかも…
という方。今すぐ別れましょう!

「いやいや、俺は十分お前を愛しているよ!」

「彼は彼なりに私を大事にしてくれているわ!」

謙虚に言いたい方もいると思いますが、大事なことは自分が与える愛情によって相手が満たされているかどうかです。愛情のMAXは各々違います。

違って別れるのは良いんです。無理をして心を削って、仕事に集中できなくなったらどうするんですか?自分の気持に素直になって恋愛しましょう。

女性も愛される努力はするべき

言わなくても努力されているからは沢山いらっしゃると思いますが、色んな努力があります。

  • 女磨きをする努力
  • 安売りをしない努力

私が今回、失恋した子に強く訴えたのは2つ目の話。とにかく順を追って書いていきます。

女磨きをする努力

女磨きは、見た目と中身どちらも大切です。

見た目はメイク、髪型、ファッション。ボディケア。全てです。因みに私。10年前はとんでもない芋女でございましたが、高校デビューと同時にコンタクトにして髪型を変えた途端…。モテ期が到来(笑)

その後もそこから雑誌やネットでの情報収集でメイクや髪型、ファッション。可愛いと思ったものはとりあえず真似してみました。

似合うものもあれば似合わないものもあり。女ウケと男ウケも違い…。どんどんPDCAを回した感じです。最近はボディケアにハマっています。

仕事で美容家さんや料理家さんのコンテンツに触れたからか、何もしなかったボディケアが一変。痩せ過ぎていたために体重を増やし、出来る時はなるべくストレッチ。お風呂でボディスクラブや保湿ケア。

当時私は神崎恵さんの書籍を参考にボディケアを行っていたのを今でも覚えています。

会うたびに「あれっ、また可愛くなった?」と言わせる

読むだけで思わず二度見される美人になれる

スキンケアやボディケアの効果が現れるのは最低でも一ヶ月。しかし、やっている+保湿などから効果を感じることで自分に自信を持てるようになるのがとても大切です。最近はケアが楽しくなってきたので、続けられていますね。

中身に関して

私は非常に馬鹿です。偏差値でいうと万年50未満。よく書く仕事が出来るなあ…と、感心しています(笑)フリーランスということもあって会社の人などが情報を教えてくれるわけでもないので、朝はニュースで情報収集。印象に残ったニュースはなるべくシェア。NewsPicksなどでは感じたことをコメントに書いたりしています。

まだ、景品表示法やIT、化粧品系の情報のインプットに偏っているので、畑が違うニュースも理解するのが課題。ニュースを見ているといいことがありまして。

  • 情報のインプットから教養が身につく(考えることが大事だが)
  • 正しい文章に触れるためバカな文章が直る
  • 色んな人と色んな話で盛り上がれるようになる

この3点が私はニュースを読むメリットなのではないかな、と感じます。因みにYちゃんは「もう」を「もぉ」と書いていたりするので「ナメられるからやめなさい」と一喝しました。

男性は意外と細かい日本語の使い方を気にする人が多いです。みんなも気をつけて!

恋愛は無理してするものではない

大学生や若い子でも「恋人がいない=非リア充」などと、恋人がいないことを否定的に思う子が多くいます。私もそうでした。ですが、恋愛をしたからと言って幸せとは限らない。

浮気をされていたり、交際が楽しくなければそれは非リア充なのかもしれません。また、恋人がいなくても充実している人も沢山いることも事実。

幸せになりたいですよね?幸せそうじゃなさそうな人を見た時に「この人と居たら楽しそう、幸せになれそう」と思いますか?

今回Yちゃんも「次の人見つけてから別れます」「クリスマスに一人は嫌だ」と行っていましたが、そんな大事にしてくれない彼とクリスマスを過ごすなら、1人のほうがマシだと思うよ?と諭しました。

すべての人がそうではありませんが、付き合うまでがゴールの人や相手を大事にせずに恋愛をする人は少なくありません。

自分なんて…と大安売りせずに自分に自信を持って。また、自信を持てるように常にブラッシュアップすることを心がけて恋愛を楽しんで下さいね。

【追記】フラれたらこれを見て元気を出せ!!

あわせて読みたい
本当の恋の始まりは、失恋を吹っ切ってからです
本当の恋の始まりは、失恋を吹っ切ってからですみなさんこんにちは。つじです。夏の恋は儚い…なんて言葉を聞きますが、最近「少し前に振られたんです」という話をちらほら聞くようになりました。この世の終わりがきた...

この記事を書いた人

つじ ともみ。のアバター つじ ともみ。 フリーランスライター

「生涯ネタまみれ」を目標に生きるパリピライター 29歳。SEO記事書きのお仕事をメインにいただいています。これまでは音大→Web制作の会社(SES営業)→Web広告代理店の営業→フリーライター(現在)。留年の数、睡眠時間と肌の強さは負けない自信があります。