MENU

離婚経験をしてから考えた婚活男子にお願いする4つのこと

2020 7/01

みなさんこんにちは。フリーライターのつじです。

最近、とあるアラフォー男子と巡り会ったのですが、長い付き合いができるかどうかを考えるとちょっと地雷要素が…と感じたためフェードアウトをしました。そして、改めて婚活男子にどんなことを求めるか、どんなことを頑張って欲しいか考えたため、ブログにすることに。

今回は、婚活男子に「結婚するならこれは頑張ってほしい」と思うことを、私の主観と結婚していた経験をもとに紹介します。

1.最低限の家事(特に自炊)はできるようになってほしい

一人暮らしの方なら最低限は行っているであろう掃除、炊事、洗濯。これらは同棲や結婚後も男子も積極的に行うシーンがでてきます。

掃除や洗濯ができる男子は多いかと思いますが、料理もできるようになってほしいというのが本音です。

同棲や結婚後は2人で一緒に料理を行うことは少なく、どちらかが作ることが多くなるため「男が料理ができなくても大丈夫じゃん♪」と思う方も多いでしょう。

しかし相手が風邪を引いたときや生理中などで動けなくなると大ピンチ。

風邪を引いたときは味覚が鈍って美味しいご飯は作れない。生理中は栄養を摂取しなくてはいけないのに体が重く、腹痛や貧血が酷くなるため、ご飯を作れる男子がいればしっかり休んで早く回復できるためとても安心なのです。

また、料理は一日にして成らず。意外と何とかなると言われれば何とかなりますが、料理を作る?と聞いたときに「作れないし外食オンリー」「一緒に住んだら頑張る」と言われると、この人はいつ料理を作ろうとしてくれるのだろう…と不安になりますし現実を考えていないな、感じます。

結局作れなくて自分が全部やり、男性は何もしなくなって終わるのでは?と先々を考え不安になる女子もいるでしょう。

同棲や結婚は共同生活をするということです。いつか作る、ではなく今作れる。を目指してください。

2.スキンケアも行って欲しい

結婚生活が長くなると奥さんに対して「見た目に気を遣っていない」「肌はきれいにしてほしい」などの女らしさがなくなる不満を持つ男性を多く見かけますが、その言葉、そっくりお返しさせていただきます!

男は化粧をしないからスキンケアをしなくても良い、男が化粧水を塗るなんて…と思う男子も多いかもしれませんが、肌のメカニズムは男性も女性も一緒。肌は空気中の大気汚れで汚れますし、紫外線やエアコンなどの風で乾燥します。そして、乾燥をしすぎると肌はダメージから守るためによりテカテカ&毛穴がこんにちは状態に。

そしてテカった肌や毛穴が大きく空いた毛穴を見たときに「この人は見られている意識を持っていない」「こんなに肌荒れしていて、食生活どうしてるの?」と、相手の美意識や食生活をイメージします。

ビジネスシーンでも男性の肌は意外と見られていますし、肌がきれいな方が仕事ができそうという印象を抱かれることが多いようです。

Photo from PR TIMES
Photo from PR TIMES

モテたい、好印象に持たれたいならスキンケアはキチンと行いましょう。何を買えば良いか分からない人は、メンズコスメのお試しセットなどから買うのがおすすめです。

メンズスキンケアセット(WHITH WHITE・クアトロボタニコ)

スクラブでゴシゴシせずに、洗顔は泡立てて丁寧に。そして化粧水で水分を与えた後に油分でしっかりフタをしてくださいね。

毛穴が空いた肌と荒れて厚ぼったくなった唇が近寄ってきたら、女性にとってそれは甘い思い出ではなくトラウマになります。みなさん、キチンとスキンケアしましょうね。

3.彼女との結婚or同棲の決断をだらだら先延ばしにしないで

これは私の経験談ではなく、さまざまなところから聞く話です。

女性からよく「彼が結婚や同棲の決断してくれない」「仕事が忙しいなどを理由に先延ばしにする」などの話を聞きます。男性は身体的な意味でのタイムリミットがあまりありませんが、子供を持ちたいと思う女性は結婚の年齢を気にすることが比較的多くあります。

また、仕事が忙しくても両家顔合わせや双方の両親への挨拶のために1〜3日は空けられますし、出張が多くても恋愛はできるもの。そんな中で忙しいを理由に結婚や同棲に踏み出せないお相手とは別れましょう。(お互いのためという意味で)

また、結婚後は挙式や披露宴、その他たくさんのことで決断を下す機会が多くなります。決断力を身につけられる婚活男子を目指してください。

4.情報感度は高く&新しい情報への理解力を持ってほしい

なぜ、結婚と情報感度が紐づくの?と思う方も多いでしょう。この情報感度は地頭の良し悪しはもちろんですが、同棲や結婚後のお財布事情にも大きく関わります。

例として、通信費の話をあげましょう。

スマホ代やネットの料金は、日々新しい料金プランやお得な通信会社のプランが登場しています。そのお得なプランが今までと同じ使い方で月々3,000円代でつかえるのに、知らずに月々9,000円の料金を払っていたとしたら勿体ないですし、家計もお得にはなりません。

買い物も、ECサイトを使う場合はセールの日を知っていればまとめ買いしてお得に日用品を買えます。また、結婚後のスケジュールの共有なども効率的なやり方やツールを知っていたらお互いストレスなく共有できるでしょう。

現在、新しい情報を知らない人も「相手に教えてもらえば良い」と思う方も多いと思いますが、教えてもらっても理解力がなかったら理解せずに生活費や通信費を損したまま使うことにもなります。

情報感度が高い人は生き生きとしており、常に自分をアップデートする人も多いですよ!婚活男子は新しい情報にアンテナを張っていきましょう!

結婚するなら将来を見据えた行動をしよう

今回は結婚を経験した私が求める婚活男子に求めることをまとめました。婚活となると今後良い方向に変わってくれるかな?という考えも出てきますが、人はなかなか変わらないもの。

長い付き合いができるかどうかは今どうなのかを考えることが多いので、しっかりとブラッシュアップしていきましょう!

それでは、また。

この記事を書いた人

つじ ともみ。のアバター つじ ともみ。 フリーランスライター

1990年生まれ。「生涯ネタまみれ」を目標に生きるパリピライター。SEO記事書きのお仕事をメインにいただいています。これまでは音大→Web制作の会社(SES営業)→Web広告代理店の営業→フリーライター(現在)。留年の数、睡眠時間と肌の強さは負けない自信あり。