婚活 日常

ぶっちゃけどうなの?結婚後の異性の友人付き合いについて

更新日:

どうも、つじです。今回は友人からリクエストをもらった内容について書きます。

日頃から仕事から恋愛までさまざまなことを相談しあっている女友達がいるのですが、彼女が最近結婚をしました。

結婚後の異性との付き合い方について相談を受けたり、周りの子が「結婚後に男友達との関係を切った」という話を聞いたりした後に「結婚後の男女の友情についてブログに書いてほしい」とリクエストを受けたのがきっかけです。

さまざまな価値観がありますが、今回は市場のデータなども交えながら結婚後の異性との付き合いに方について書いていこうと思います。

結婚してから異性との付き合いに変化はあった?

まずは、結婚後の異性との付き合いに変化があったかどうかです。私の友人や周りの子は「異性との付き合いを減らしたor連絡先を消した」と言う声が多くありました。

私も結婚が決まった際、男友達に「もう飲みに行けないね」と言われたこともあり、世間一般では結婚したら異性と2人で会わないというのが暗黙の了解&多くの人は会わないと思っていたのが本音です。

しかし、市場の割合は以下の感じでした。

はい、どーん。

Photo from zexy

結果は約半々。わずかな差で性の友人との付き合いが減らしていない人が多い、という結果でした。個人的には7割の割合で「減った」という結果になると思いましたが、意外と少なくて私もビックリしています。

ちなみに異性との連絡についての心境は以下の結果になります。

Photo from zexy

総合的に見ると、6割の人がそこまで心配していない結果のようです。日本の皆さん、意外と嫉妬しないのね。

昨今、共働きの夫婦も多く異性の心配なんてしていたらキリがないと思うのか。はたまた信頼関係から成り立つのか真意は何とも言えません。個人的には男女の友情はアリ派なのですが、一番大切なことは夫婦円満の関係でい続けることです。

男女の友情がなぜNGなのか。では、どういう場合ならOKなのか。また、夫婦が円満にいるための異性付き合いはどうすればいいかを書いていこうと思います。

今宵もつじはぶった斬ります(笑) 結婚前の方も新婚さんも。そして、結婚後の異性付き合いのあり方に悩んでいる人もぜひ参考にしてください。

何で何で?何でなの!異性の友人関係がNGの理由

まずは、男女の友情(結婚後の異性の付き合い)がNGの理由を考えていきましょう。

相手に心配をかけさせたくない」という優しさや「結婚したらそういうもの」という価値観の人が殆どだと思いますが。

まずは良い理由とダメな理由を考えていきます。

良い理由:不倫願望のある異性がいる

正直言うと個人的に異性との関係を切っていい理由はこれだけだと思います。因みによくある配偶者がこっそり携帯を見てしまい異性との連絡をしていたのがバレて「浮気だー!!」と騒ぐやつ。

あれ、法的には不貞行為にはなりません

リアルな話をすると、不貞行為と認められて裁判でも証拠として認められるのは異性とホテルを出入りしている写真のみです。週刊誌とかでもよく見るマンションの出入りや窓越しに一緒にいるのが分かる写真も証拠の対象になるでしょう。

となると、不倫願望(結婚後に体の関係を持とうとする人)は関係を切っても問題ありません。

むしろ、不貞行為に持ち込もうとする人はガンガン関係を切りましょう!

ダメな理由その1:結婚相手に「異性との連絡をとらないでほしい」と言われた

いい大人が何を言ってるの!と正直私は思います。ですが、この例は少なくはないようです。

先程書いた通り、異性との連絡は不貞行為には値しません。そして、一般論から考えても結婚後に束縛をしないと信頼できない相手とは結婚するべきではないと思います。

結婚相手に「異性との連絡を控えてほしい」と言うのは自由ですが、それを実行するのは本人次第です。

言われたから連絡をとらない、となると仕事の用事などで連絡をとった際に疑いの目をかけられることもあります。

異性との連絡をとっていたとしても、信頼できる関係を構築すればいいだけの話です。みなさんは大人です。信頼関係を築ける人と結婚をするようにしましょう。

ダメな理由その2:自分は関係を切ったから相手にもお願いをする

この理由も正直「いい大人が何言ってるの!」と私は思います。

悲しいことに世の中には不倫願望の強い残念な方々もたくさんいます。ですが、不倫は仕事も家庭も失うことになりかねない大きなリスクを負うものです。

そんなリスクを軽減するための対策や「相手にされたくないことは自分もしない」という理由からそのような手段をとるのかな、と考えます。

ですが、他人に自分と同じ環境を強いるのも非常に浅はかな話です。

そして、夫婦円満のためにお互いの違う価値観を認め合うのはとても大切です。

相手の人間関係を変えてしまう行為は恋は盲目だったあの時代で終わりにしましょう。

こういうときは異性との友人関係は継続してOK!

正直、かなり考えが偏っているかもしれませんがさまざまな人の話を聞いていても異性の友人がいたほうが良い結婚生活を送れると私は考えています。

でも、結婚後のミッションは「いつまでも楽しく夫婦円満でいる」ことであって「誰かに夫婦関係を邪魔されない環境を作る」ことではありません。

このミッションを念頭に置けば異性の友人関係を途絶えさせるのは至って間違いだと私は思います。

それでもなかなか相手を許せない…という方もいると思いますが、結婚後のミッションを忘れずにちょっとだけでも相手を許してあげましょう。

それではどのような場合なら友人関係を続けてもOKなのか考えてみましょう。

その1:元恋人以外は全部許せ

これがほぼ結論です(笑)

私の友人の場合は「配偶者の元恋人がまだ諦めていない」と手を焼いていましたが、このような場合はその相手との関係を切ることをお願いしても良いと思います。

ですが、それ以外は全て許してあげましょう。

理由としては「新しいご縁の可能性を摘まないため」です。

一般的に、年齡を重ねると仕事の可能性が広がり異性の友人が過去に連絡をとっていた人がビジネスの相手になるということもあります。

ビジネスの相手が増えるということは、配偶者の出世やキャリアップ、また仕事の活躍の可能性も増えるということです。

因みに私は昔好きだった人から仕事の相談を受けたことがありそれをきっかけに連絡をとった結果、今の仕事の売上が上がった経験があります。仕事の窓口を紹介した結果、感謝されたこともありました。

人との関わりを減らすということはこの可能性を減らすということになります。

会社勤めだとこのような事例は少ないかもしれませんが、転職先の紹介やその他の可能性を摘むのは配偶者として罪だと私は考えます。

明らかな悪意のある人間以外は連絡のやりとりを許してあげましょう。

その2:お店の女の子なども許してあげましょう(笑)

結婚後も行う接待キャバクラやたまのガス抜きで行きたくなるホスト…(私の周りは行かない人が多数ですが)

良いじゃないですか!許してあげましょうよ!!

人は閉鎖的な環境にいるとストレスが溜まりやすくなるためたまのガス抜きも必要です。

每日キャバクラやホストに通い詰める、キャバクラの女の子と本気で不貞行為に走ろうとする…というのは考えものですが、夜のお店の女の子のところにちょっと通うくらいは許してあげましょう。

彼ら彼女はあくまで仕事です(時折本当に愛人関係になる人もいますが)。

また、キャバクラやホスト遊びは不貞行為にはなりません。あなたも日本の経済を回せるようになったのね…と言えるくらいの器量を持ち、お店の人に配偶者のストレス解消を手伝ってもらうくらいの気持ちでいましょう。

つじファミリーの場合

ここまで書いていて、つじファミリーは実際どうなの?と気になる方もいると思います。

私は元々恋愛体質で、付き合ったら彼氏一本!という感覚でいましたが、不思議なことにサリーちゃんに関しては全く束縛をせず自分も自由でいることに何の罪悪感も抱かずに過ごしています。

また、サリーちゃんも元々束縛が好きではなく、嬉しいことに私のことを信頼をしてくれているのでお互いどんな異性の友人と飲みに行っても問題なしで過ごしています。

例え夫婦であっても自分の人生を歩むことは変わらない。そしてお互い何で?というくらい嫉妬をしないので、つじファミリーは異性と連絡をとろうが飲みに行こうが服を着て帰ってくればOKという環境です。

私も個人事業主でたくさんの人とのご縁で仕事が成り立っており、サリーちゃんも会社で執行役員をしているため必然的にたくさんの人と会う環境にいます。

お互い自由にしていないとやっていけない環境にあるのもありますが、それでもこの自由があるからこそ夫婦円満が保たれているのかな?と感じていることは言うまでもありません。

結婚しても自分の人生は自分のもの

そして、相手の人生は相手のものです。

結婚とは一人でも生きていけるもの同士がして、初めて上手くいくもの。

そして、変わりゆく世の中でうまく生きていくためには自分も人間関係もアップデートを続けていかないといけません。

結論、私は結婚後の異性の付き合いは夫婦関係を円満に続けるためにあるべきだと考えています。

そして、結婚後の悩みを聞いたりして広い考えを持つのもアリかと。

とは言え、心配性な方もいると思うので、長い目で見たときにお互いが心地よい関係でいることを最優先して決めていくのが良いと思います。

一番大切なのは相手を信じてなるべく自由にしてあげること。一夫多妻制まではいかなくても、結婚後も自分自身の人生や相手の人生を奪わずに過ごしましょう\(^o^)/

-婚活, 日常

Copyright© 生涯ネタまみれライターの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.