格安スマホ(UMIDIGI A5 Pro)のコスパが良すぎた件

みなさんこんにちは。フリーライターのつじです。

以前のブログで書いた新しいスマホ(UMIDIGI A5 Pro)が届きました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomomi Tsuji | Writerさん(@iam_tomomitsuji)がシェアした投稿

UMIDIGIは中国のメーカーで海外では知名度があるメーカーのようですが、日本ではまだ知名度が低いため、初めて耳にする方も多いメーカーだと思うので、UMIDIGI A5 Proを買った後の使用感を紹介できたらと思います。

今回、Androidにしようと思った理由は以下の通りです。

1.本体を買い替えたい、けれども新しいiPhoneをポンと買えるほど収入はない。
2.サリーちゃんが使っているHTC U12+のカメラがキレイだったことからAndroidの魅力に惹かれた
3.とりあえずiPhone高いよ(大事なことなので2度言いました)

完全にコスパ重視で選んだものの予想以上に良い機種だったので、今回はUMIDIGIマジで良いよ!と言う話を猛烈に届けたいと思います。

UMIDIGI A5 Pro

ちなみに他の方もUMIDIGI A5 Proのレビューは上げているようですが、恐らく女子でUMIDIGIの話をするのは私が初めてな気がする…。兎にも角にも感動したので「こういう安くて良いものもあるんだ!」というのを知っていただけたら嬉しいです。

コスパが良い

最近、友人がスマホがバッキバキに割れてしまい「新しいスマホ、どう!?」と気になっていたのもあったので、掘り下げて書いていこうと思います。

UMIDIGI A5 Proを買って一番感じたことはは「コスパが良い」の一言。価格コムで同等のスペックのスマホを見ると価格はこんな感じに。

どう考えても安いだろう!!とびっくりしました。ただ、安かろう悪かろうではなく値段の元を取る以上にしっかり使える機種であることは確かです。

どんなところが良かったか、紹介していこうと思います。

カメラと画面がきれい

UMIDIGI A5 Proは3つのカメラ(1,600万画素+800万画素+500万画素)のトリプルカメラを搭載。

しかも、Xperiaと同じソニー製のカメラなので、色が鮮やかでキレイ!

夜も撮ってみましたが夜景も色鮮やかに写してくれそう。

ちなみに広角を使うと景色もめっちゃ広々と撮影可能。

写真撮影の際は画像サイズをこんな感じで設定できます。

正方形が元からないので、インスタ用の写真は別のカメラアプリで撮影をしますが、それでも3042×3042とかで撮れちゃうので心配はいりませんでした。

ちなみにインカメラは1600万画素。美肌モードや小顔にできちゃうビューティーモード(別名:詐欺写メモード)もデフォルトで搭載しているため、美肌カメラも使わずきれいな写真が撮れます♪

画面の解像度は2280×1080です。iPhone7は1334×750、iPhone XS Maxの解像度は2668×1242なので解像度がかなり高いことはお分かりいただけるかと思います。

インスタとか見ていると今まで撮影した写真がキレイすぎて「iPhoneのカメラがきれいって言ってたのはこういうことだったのか!」と再確認しました(笑)

スマホで撮った写真を見る機会が多いのは本体そのものだと思うので、画面の解像度は大事です。

LINEやその他SNSも問題なく使える

スマホの機能の中で最も使うLINEやTwitter、FacebookなどのSNSなども動作に支障なく使えました♪

これらが使えないとマジでお話にならないので大切です。Instagramのストーリー動画だけ時々もたつくことがあるのですが、調べたらAndroidの仕様的な感じらしい。Instagramさん、改善よろしくね。

ゲームもわたしはおいでよどうぶつの森のスマホ版とLINEツムツムくらいしかやらないのですが、動作に大きな問題はありませんでした。

バッテリーの持ちもいい感じ♪

気になる電池持ちですが、バッテリーは4,150mAhのものを積んでいるだけあって意外と長持ち♪

通勤や通学中に音楽を聴いたりニュースをチェックしていても問題はありません。

因みに私は通知はLINEや仕事の連絡以外は基本的にオフアプリのバックグラウンド更新も切って使っています。(パケットが蓄積するの嫌だしね)

画面のベゼル(フチ)も狹いので、ゲームも大きな画面でできるのは嬉しいポイントです。

初期設定でてこずったがとにかく異常なし♪

現状、私はmineoのSIMを挿して使っているのですが、最初のネットワーク設定のやり方がいまいち分からず手間取りました…。

mineoを使っている方はこちらを参考にして設定をするのが良いと思います!

 

もしくは、購入したときに同梱されていた初期設定の冊子をチェックしてみてください。

15,000円以下の金額で正直「使えるのかな…」と思っていたのですが、キチンと使用できたし快適にスマホライフを送れているのでゲットできてよかったです。

ちなみに主人のサリーちゃんは私がUMIDIGI A5 Proをゲットする前日にちゃっかりGoogle Pixel 3 XLに買い替えていました。

Google pixel 3L

created by Rinker
Pixel 3 XL
¥56,800 (2020/09/26 14:09:00時点 Amazon調べ-詳細)

軽くて薄くて夜景などもキレイに撮れます。ディズニーシーに行った時の夜景もめちゃくちゃ綺麗でビックリ。

値段はちょっとお高いけれどもAndroidスマホの中ではコスパは良いほうなのかな…と思う機種です。

ミサワ USA

Photo from bhb

買った手前でアレだけどもちょっと羨ましいぞ!!!

この記事を書いた人

つじ ともみ。のアバター つじ ともみ。 ライター・編集者

1990年生まれ|生涯ネタまみれを目標に生きるライター&編集者|SEO記事の執筆や企業様のブログの寄稿・編集ディレクションを行っています|音大→Web制作の会社(SES営業)→Web広告代理店の営業→フリーライター・編集者(現在)|留年の数、睡眠時間の長さと肌の強さには自信があります
お仕事の依頼はTwitterまたは下記メールアドレスにお願いいたします。
hello.tomomi.tsuji@gmail.com